会社の経営しながら365日充実した毎日を過ごす方法
〜下請け取引依存からの脱却し、事業内を最適化する〜
 

 
ビジネスの未来の選択肢広げることが出来ます。
私たちが行うのは、ビジネスの具体的最適化だけです。
 
抽象的な精神論は必要ありません。
 
他社もやっているから価格改定もやらざるを得ない。
事業を継続してくためにお願い営業しなければいけない。
売上はある程度あるけれど、常に目まぐるしく忙しい毎日。
やりたくない常識を無理やり続けていませんか?
おひとりで抱え続けていた”行き詰まり= 択一”を解消します
 
あなたのビジネスをより理想に近づけたい場合、
高度なシステム導入、人数合わせ増員、大掛かりな広告が最も重要なポイントではありません。
最も重要なのは”あなた”考え方です。
なぜなら、
考え方一つ状況は180度変わるからです。
 
ビジネスの正解を一つだと思い込んでいませんか
あなたもご承知の通り、ビジネスに正解はありません。
正解はないと知っているにもかかわらず、なぜか 業界の常識時代の常識はビジネスの正解だと信じてしまっていませんか?
 
事業事前相談はこちら
 
ビジネスの具体的な最適案をお届けするメルマガはこちらから参加してください。
最適化に参加する

ショッピング

収益 アイコン
  Revenue

~事業の再構成による事業再生~
8. 現状キープ+進化も可能な会社運営法

事業の再構成 事業の変化の図

 
“If it ain’t broke,don’t fix it”
“壊れていないものを直すな”
これは英語の諺なのですが、意味は『そのままで正常に動くものに、改良を加えるのはよくない。その結果いままでよりパフォーマンスが落ちて正常に動かなくなってしまう。』
 
ということを表現しています。
確かに諺のとおりで、事業がうまくいかなくなる原因というのはこの点にも潜んでいます。
本来であれば、事業がうまくいっていない箇所の修正が最も素早く取りくまなければいけないのですが、なぜか事業がうまくいっているほうを修正してしまう事業者様は非常に多いと感じております。

それには、理由がありまして、単純にうまくいっている部署の事を考えているほうが楽しいからなのです。
うまくいっているところに手を加えたいという気持ちは非常に理解はできるのですが、まずは、うまくいっていない事業に目を向けて改善を行ってみてください。
そうすれば、今うまくいっている事業を上回ることも可能になります。
 

新しいことへの挑戦は、丸ごと取り替える必要はない


うまくいっているからといってずっと現状維持では衰退もしてしまいますし、いずれは遅れをとってしまうことは確かです。
しかしながら、うまくいっているものを壊す必要はありません。
うまくいっているものをベースに補強や、トライをすることは必要です。
この部分が過度に行きすぎてしまうと本来うまくいっていたものもすぐに跡形なく破壊されてしまいますので、十分ご注意ください。

ですから、事業内で修正、補強、試作などを行う場合は、どこにどの程度力を加えてよいのかをまずは吟味する必要があります。
どこの事業に対しても一律で力を加えればよいということは決してありません。
2の力でよいところもありますし、8の力を必要としている事業もあります。
その見極めをまずは行うことで、適切な処方が可能になるのです。

事業再生コンサルタント川口貴弘のコメント

 
川口貴弘の顔写真

うまくいっていない方から取り組んだほうがいいのはわかっているけど、やはりうまくいっている方に関わる方が楽しいですよね。 
スポーツでもそうですが、応援しているチームがずっと負けているよりは、勝っている方が楽しいです。
 
では、負けているからそのまま放置する。というわけにもいきません。
かといって、負けてる状況を楽しんで といっても楽しめるわけでもありません。

では、どうするのがよいのか。
それは、とにかく取り組むことが重要です。
当たり前だと思われるかもしれませんが、いやなものをまずは開いてみる。
それによって将来はおのずと開かれます。

ですから、まずは取り組む
それが一番の解決策になります。


推奨コンテンツを下記より是非お受け取りください。

売上 アイコン

Sales
売上

資産 アイコン

Assets
資産

販管費 アイコン

SG&A
販売費及び一般管理

負債 アイコン

Liabilities
負債

在庫 アイコン

Inventory
在庫

資産 アイコン

Cash flow
資金繰り

収益 アイコン

Revenue
収益


事業に対しての愚痴をこぼすのも、もちろんアリ
私がしっかりお話を聴き出しますので、
愚痴をこぼすのは当事務所内だけに留めておいてくださいね ^_^

 

初回60分面談からお悩みを解決致します。
契約をただ取るための商談時間は設けておりません。

 
 初回の経営改善相談を、60分20,000で承っております。 延長しても追加料金は頂いておりません。
60分のところが話が尽きなくて180分になることもしばしば。

面談60で今抱えていらっしゃる課題に関して一緒に解決法を見つけてまいります。
面談に取り組むにあたって、事前に課題に対する情報を頂いておきますと、より最適な解決案をご提示することが可能となりますので、下記フォームより、ご相談内容を記載して頂けると幸いでございます。

 
事業事前相談はこちら